新着情報 WHAT'S NEW

トピック

CELA水について

今回は弊社が取り扱っております、CELA水(せらすい)についてご紹介させて頂きます。

CELA水とは
特徴は、「強い除菌力があるにもかかわらず安全である。」ということです。
※効果を確認されたい方は、弊社までご一報願います。無料サンプルを提供させていただきます。

CELA水は、殺菌効果のある次亜塩素酸ナトリウムの欠点をなくし、利点のみを引き出した弱酸性次亜塩素酸水です。
従来の除菌剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムは、取り扱いが危険かつpH10以上の強アルカリ性であり、希釈し
pH8前後の希釈次亜水にしなければ殺菌効果が得られません。

更に、CELA水は希釈次亜水の8倍の除菌効果があります。また、今まで不可能とされてきたpH制御を可能にしたので、
安心して除菌・消臭等にご利用いただけます。CELA水は人畜無害で無刺激なので間違って飲んでしまっても問題なく、
服に飛んでも白く漂白されないのも魅力です。

従来の塩素系剤との効果比較
従来の塩素系剤との比較を下表に示します。通常のCELA水の有効塩素濃度は50ppmですが、弊社ではおしぼりに使う
という用途を考慮し、70ppmに設定しております。また、安定したpH6.5で生成していますので、有効塩素濃度が
むやみに高濃度ではなくても安定した除菌・消臭が可能です。当然、高濃度のものを希釈するよりも効果が安定します。



CELA水の除菌力
CELA(セラ)水には、塩素殺菌と同等の除菌作用があります。下表の通り、各種細菌・ウイルスに対するCELA(セラ)のすぐれた
除菌効果は、公的機関の試験でも実証されています。

インフルエンザ
CELAを加湿器で噴霧することで、湿度が上がり、さらに空間除菌の効果で室内のインフルエンザウイルスの感染リスクを一気に
減らすことができます。当事業所で実証済みです。

ノロウイルス
一般的にノロウイルスの処理、除菌には厚生労働省のマニュアルにより適切に行うのですが、ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウム
希釈液を使用して消毒します。その際に臭いや衣類への付着による漂白が気になります。


<検査設定条件>
・濃度50ppm、pH=6.5使用
・試料液は、CELA10mlに試験菌を0.1ml接種し試験液とした。
・室内保存で1分~経過時間後に試験液をSCDLP培地で10倍に希釈後、生菌数を測定した。

生成装置
下写真の装置によって、CELA水を自社生成しております。
上記効果を確認されたい方は、弊社までご一報願います。無料サンプルを提供させていただきます。